産後、胎盤が体内に残っていると母乳がでない。

二人目を安産で出産し、産後も調子がいいし、母乳をあげようとしました。出産当日は全然母乳が出ない。でもまだ初日だし特に心配することなくおっぱいをくわえさせて過ごしていました。出産翌日、おっぱいをくわえさせても母乳がほとんど出ず、私も助産師さんもおかしいと思いはじめました。

 

だんだん赤ちゃんも脱水弱ってきてしまいました。おっぱいマッサージをしてもらったり、おっぱいを温めたりして少しずつ母乳が出るようになってきてひと安心しました。しかし、赤ちゃんの体重をはかっても授乳前後で体重の差がほとんどありませんでした。
赤ちゃんのために搾乳し与え、脱水症状にならないように気を付けて過ごしていました。
次第に赤ちゃんに黄疸の症状が現れ、光線治療が必要になりました。

 
赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらっても搾乳してもなかなか母乳が増えずにいた産後十日、私の体に異変が現れました。もともと、産後に腹痛があり、後陣痛だと思っていたのですが、その日は陣痛並みの腹痛がありトイレへ。卵より大きな塊がおりものとして出てきました。

 

急いで産婦人科でみてもらうと、なんと胎盤が残っていたのです。退院前に子宮内を超音波で見てもらっていましたが、そのときはまだ子宮が大きすぎて胎盤が残っていたことが見えなかったとのことでした。

 
胎盤をすべて子宮から出ることによって母乳を出そうとするそうでした。母乳が出ないことに悩んでいましたが、以降は徐々に母乳の出もよくなり楽しい授乳の時間を過ごせるようになりました。

 

miteteマタニティクリームの口コミ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です